6559-251〜254
8%税込価格
¥530
(本体価格¥491)
Aセット
Bセット
Cセット
セット
大人気の「ふれ合いネームバンド」!
本年度よりCセット・Dセットが追加され、4種類から選べることができるようになりました☆
注意)ゴムバンドの色がセットにより異なります。
    Aセット・Bセットのゴムバンドの色は黄色。Cセット・Dセットのゴムバンドは水色です。
図案を決める時の参考写真を印刷する。
説明書に掲載されていない型紙をダウンロードする。
キットに入っている四角のフェルトを丸型に切って使う。
ネームプレートのアレンジ例を見る。
名前をししゅうや、フェルトで入れる。ネームプレートをつけない。
図案を決める時の参考写真を印刷する。
*参考写真はPDF形式です。 Acrobat Readerをお持ちで ない方はこちらからダウンロードをしてください。
セット内容
フェルト(φ70mm)・・・赤
フェルト(10×10cm)・・・黄緑・白□・黒■
ゴム(15mm幅×30cm)・・・黄色
ししゅう糸(50cm)・・・5色
スナップ(10mm)・・・1
厚紙(3×8cm)・・・1 

※上写真の内容以外にししゅう糸・スナップ・厚紙が入っています。


図案を決めるときの参考写真
注意)できあがりをイメージするための参考写真です。
    ゴムバンドとネームプレートは付けていません。
セット内容
フェルト(φ70mm)・・・ピンク・青
フェルト(10×10cm)・・・レモン・白□・黒■
ゴム(15mm幅×30cm)・・・黄色
ししゅう糸(50cm)・・・5色
スナップ(10mm)・・・1
厚紙(3×8cm)・・・1 

※上写真の内容以外にししゅう糸・スナップ・厚紙が入っています。

図案を決めるときの参考写真
注意)できあがりをイメージするための参考写真です。
    ゴムバンドとネームプレートは付けていません。
セット内容
フェルト(φ70mm)・・・茶色・緑
フェルト(10×10cm)・・・ピンク・薄橙・黒■
ゴム(15mm幅×30cm)・・・水色
ししゅう糸(50cm)・・・5色
スナップ(10mm)・・・1
厚紙(3×8cm)・・・1 

※上写真の内容以外にししゅう糸・スナップ・厚紙が入っています。

図案を決めるときの参考写真
注意)できあがりをイメージするための参考写真です。
    ゴムバンドとネームプレートは付けていません。
セット内容
フェルト(φ70mm)・・・白○・オレンジ
フェルト(10×10cm)・・・レモン・黄緑・黒■
ゴム(15mm幅×30cm)・・・水色
ししゅう糸(50cm)・・・5色
スナップ(10mm)・・・1
厚紙(3×8cm)・・・1 

※上写真の内容以外にししゅう糸・スナップ・厚紙が入っています。

図案を決めるときの参考写真
注意)できあがりをイメージするための参考写真です。
    ゴムバンドとネームプレートは付けていません。
説明書に掲載されていない型紙をダウンロードする。
*PDF形式になっていますのでA4の用紙で「ページの拡大・縮小」を必ず「なし」にして印刷をしてください。
*難易度の高いキャラクターは写真を拡大してみることができます。
*参考写真はPDF形式です。 Acrobat Readerをお持ちで ない方はこちらからダウンロードをしてください。
動物
いぬ
うさぎ
かば
わに
恐竜
型紙を印刷する
海の生き物
くじら
たこ
くらげ
*難易度・・・高い
*難易度・・・やや高い
型紙を印刷する
乗り物1
飛行船
ヘリコプター
*難易度・・・高い
型紙を印刷する
乗り物2・食べ物
潜水艦
ロケット
トマト
アイスクリーム
*難易度・・・やや高い
*難易度・・・やや高い
【写真を拡大してみる】
型紙を印刷する
キットに入っている四角のフェルトを丸型に切って使う。
ピンク猫
⇒ キットの入組みの丸型フェルトを使用
黒猫⇒四角のフェルトを丸型に切って使用
黒猫にしたい場合は、メインカラーで使用する黒の角型フェルトを丸型にカットします。後は説明書に沿って製作します。このようにメインカラーとして使用したいフェルトが角型の場合は最初に丸型にカットしましょう。
キットに入っている四角のフェルトをネームバンド側に使用し、オリジナルのネームバンドを作りましょう。丸型にこだわらず、自由な形で作ることも可能です。
ネームプレートのアレンジ例を見る。
ネームプレートはアレンジが自由です。基本の形はキットの中に、実物大の大きさで型紙が入っていますので、それをベースにアレンジをしましょう。
名前をししゅうや、フェルトで入れる。ネームプレートをつけない。
*参考写真はPDF形式です。 Acrobat Readerをお持ちで ない方はこちらからダウンロードをしてください。
名前はししゅうや、フェルトで入れることもできます。また厚紙をフェルトとフェルトの間に挟み、名前を書く方法もあります。
図案を決めるときの参考写真