株式会社トップマン|金物H・I部

1.これからセメントを塗る下地をきれいに水洗いし、水をたっぷり含ませておきます。

2. 塗る場所に適した鏝を使用します。→左官ごての種類と用途を参照

3.平面を塗る場合は、鏝の進行方向側を少し浮かすように動かします。

4.鏝はあまり力を入れずに、直線に動かします。

5.返し鏝(塗った方向と逆に鏝を戻す)でムラを取りながら塗り進みます。

●モルタルの場合は、粘りが少ないので返し鏝はできません。表面の水がひいたころ、角鏝、仕上鏝、またはハケで表面をならします。

●セメントの硬化は化学作用なので、急激な乾燥や低温の状態になると、ヒビ割れてしまいます。塗った後は、空間をあけてムシロや段ボールでおおい、5~7日間くらいはそのままにします。