ナビゲーション

online
History


【開発秘話】

今から数十年前、弊社の貿易担当者がパプアニューギニアへ出張した際に現地の洗濯方法を目の当たりにしました。川で汚れを落とした後、岩に洗濯物を打ち付けたり、木の棒で叩いたりして脱水を行っていました。

こんな脱水方法を行っていては、すぐに衣類が傷んでしまいます。

洗濯機を導入すればいいのではないか、と思われるかもしれませんが、現地には電気が通っていない地域が多く電気製品は使えません。

数年前にパプアニューギニア大使館を訪問した際、相変わらずの地域も多いと聞きました。電気が通わない国の方々にも快適に洗濯して頂きたい、なんとかしてあげたいという想いから、このPESHANKOを開発しました!!

peshanko-img
About PESHANKO


【手で絞らなくていい!服を傷めない!】

日本の脱水方法は”打ち付けたり叩いて”ではなく”手で絞る”のが主流ですが、手で絞る煩わしさを感じたことはないでしょうか?
例えば・・・
1)1枚だけなら簡単に絞れても枚数が多くなれば手も痛くなる
2)握力の強い・弱いによって絞れる量にも差が
3)手洗い後、床に水滴が落ちてしまう

PESHANKOなら・・・
このPESHANKOの上部についている調整ねじを回すだけで絞る力を調整できるため、力をいれなくても簡単に絞ることができます。
脱水に困難だった上記のような場面でも活躍します!

peshanko-handlepeshanko-usepeshanko-use

【利用シーンについて】

様々なシーンで活用いただけます。

例えば

・子供の水遊びでずぶ濡れになった服の脱水に。

・休日、洗車する際のタオルの脱水に。

・停電時に洗濯機が使えない場合に。

など、多くのシーンで利用いただけます。
child-waterplaycar washingno power supply type
また幼少の頃、掃除の手伝いは嫌いだったけど、なぜかタオルを絞るのだけは楽しかった、という記憶はないでしょうか?PESHANKOを使えば、お子様と一緒に楽しく掃除できるかもしれません。

【開発ポイント】

衣類が滑らない樹脂ローラーの選定

最もこだわったのはローラー部分です。当初開発したローラーでは衣類が滑ってしまい、うまく巻き込み絞ることができませんでした。様々な素材のローラーを作成し、ローラー表面も工夫を凝らしながら試行錯誤の末、やっと納得できるローラーが完成しました!!

【スペック】

  • サイズ: 18×52×25 cm(ハンドル・ノブ部含む)
  • 素材: 本体:スチール(クロームメッキ)、ローラー:樹脂
  • ローラー幅: 28cm
  • ローラー間の隙間: 最大2cm
  • 重量: 6.2 kg
  • 本体価格: 22,000円(税抜き)

Contact Information

お問い合わせは下記専用フォームより

専用フォーム

購入手続きは下記オンラインストアより

ONLINE SHOP

copyrightc2018 TOPMAN CO.,LTD. all rights reserved.